ハチミツとクローバーの考察「人間の選べる3つ目の道」

  • 2008/05/02(金) 23:09:06

ええ!10巻分の感想書いたのにまだまだ書き足りませんよ?
ハチクロについて


今までの感想



実はハチクロの5巻の中にDの感想でも取り上げたモノローグなんですが

”努力する、か
 諦める、か
 人間に選べる道なんて
 いつだってたいていこの2つしかないんだよ”


というのがあって、実はこの後にもうひとつモノローグが入ります


”3つあったんだ選択肢はほんとうは
 でも2つしかないと信じてた方が道はひらけるから
 3つめの答えを僕は口にしない”


そしてこの3つめの答え本当にハチクロ内では語られません
1番はじめに読んだ時は意味が良く分からなくて
どうせ後の巻で説明されるだろうとたかをくくっていたんですが
説明さっぱりされず、泣きそうになり
でも何回か読んでいるうちに分かった気がします


何か問題にぶつかったりしたときに
努力してその問題を打ち解くか
諦めて別の方法を考えるか
確かにこの2つしかないように思えますが
3つ目の選択肢は本当に単純ですよね、きっと?


”何も選択しない”


これがDの3つ目の選択肢です
努力も諦めもせず、選択せずに何もしない
ただなるようになるものに身を任せるのみ
問題がさらに大きくなっても
消えてなくならなくても
何もしない

努力したり諦めたりするのは自分で行動していますが
選択しないのは自分のすべての行動の否定です


でも、この”選択しない”を山田は無意識に選んでますよね
真山への恋が不毛だとわかっていても
なんだかんだと言って諦められてもいないし
かと言って努力をしているわけでもない
花本先生が2つしかないよ!と山田にかつを入れたのは
大人の優しさですかね…


D,自分の人生で考えてみましたが
選択しないって言う選択はしたことがない気がします


”諦める”が多い(これもどうだか)


本当は自分が納得いくまで努力して
それでも駄目なら諦めて別の方法を探すのが一番


って、口では言えるんですがね!
そんなこと本当に出来る人は成功者なんでしょう


皆さんは3つ目の選択を選んで
人生立ち止まっていませんか?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

3つめのこたえ

最近書くのをさぼり気味。 最近ハチクロを読み返しました。後半だけ。 竹本くんが自転車で北海道まで行くとこね。 あそこを中学生だか高校生かな?ぐらいに読んで、 大学生ってチャリで旅するもんなんだって そんなことを考えていました(笑) よく考えたら、竹本くんと同い年になっていた! NANAの時もそうだった 中学生の時から読み始めて、 20歳ってこんな感じなのかなーって思ってた。 あんなんだったら問題だよね! 半年で3人と付き合って挙句の果て妊娠だよ!

この記事に対するコメント

ハチクロ

ハチクロの5巻をを久しぶりに読んで、3つめの答えが良く分からなくてもんもんとしていて…

検索してみたらヒットしたのでコメントします!

なるほどそういう意味なのかもしれないですね!何もしないのか…流れに任せる感じですね…

私はあまり三番目の答えのようには生きていけない性格のようです笑

すっきりしました(>_<)ありがとうございました★

あおいさん

コメントありがとうございます♪
ハチクロは読むと、語りたくなりませんか・・・
3つ目の答えもDで考えたものですが
すっきりしていただいてよかったです。

あきらめ人生のDにとってはうらやましい限りです

  • 投稿者: D
  • URL
  • 2011/01/22(土) 12:42:38
  • [編集]

本当に、諦めも努力もしないことがなかったんですか?

誰にだって、もう全てが嫌になって

なんで、自分がこんな目にって

努力すれば?といわれても、どうしようもないって思って

諦めたつもりでも、やっぱりどこか、いい風になると期待してしまってて

山田の踏ん切りのつかない気持ち、誰でも味わったことあるような気がするんです

その中で、どうすべきか向き合って考えて 自分を知っていくんだと思います

花本先生も、原田さんが死んでしまったことに気持ちが追いつかなくて りかさんと離れた

現実から、逃げてしまった

そんな体験を、しているからこそ、助言出来たと思うんです

しおんさん

コメントありがとうございます。
自分は記事にある通り諦めてばかりですね
少しでも無理かな?と思うと諦めるのが一番自分が傷つかなくて済むので

ハチクロは1−2年に一度ちゃんと読み返すとまた別の感想が湧き上がってくる
不思議な魅力のマンガですよね

  • 投稿者: D
  • URL
  • 2011/04/09(土) 20:32:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する